銀行系カードローンの中でもバンクイックが選ばれる理由

2006年12月に総量規制が成立して以来、それまでカードローンを発行していなかった銀行も総量規制のため消費者金融からはこれ以上借りられない、というユーザーのことを考えてか続々カードローンを発行するようになりました。

三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックもそのうちのひとつで2007年に誕生しました。金利の安さと消費者金融系カードローン並みの審査の早さ、銀行系カードローンとしては審査が緩やか、限度額最大500万円までと大口融資も可能、ということでバンクイックは発売以来人気を集めています。

ちなみに、銀行系カードローンは、総量規制外である、ということを知らない人もまだ、多いようではありますが、‘総量規制’云々を別にしても、銀行系カードローンは安心感が違う、消費者金融系カードローンと比べると金利が安い、と根強い人気があることに違いはありません。

ですが、銀行系カードローンの場合、金利が低めに設定されている分、消費者金融系カードローンよりも審査のハードルが高い傾向にありますし、バンクイック増額審査にかかる時間も要するため、申し込みから融資実行までに時間がかかりすぎ、すぐにお金が必要という時には間に合わない、というケースも少なくありません。

その点、バンクイックなら銀行系カードローンでありながら審査がスピーディーに行われ、最短で即日融資も可能ですから、人気が集まるのも当然のことかもしれません。